02.コピーコンテンツのペナルティが怖い! というあなたに贈る – オリジナルワードプレスプラグイン コピペチェックプレス
ペナルティ楽勝! ワードプレスでコピペチェックができるツール
ペナルティ楽勝! ワードプレスでコピペチェックができるツール

02.コピーコンテンツのペナルティが怖い! というあなたに贈る

ランファランファ
検索エンジンが唯一無二を好むというのはどういうことなんでしょうか?
阿修羅ワークス阿修羅ワークス
ランファさんは一物一価の法則というのはご存知でしょうか?
ランファランファ
唐突ですね(笑)
分かりません。
阿修羅ワークス阿修羅ワークス
一物一価の法則とは、経済学における概念で、「自由な市場経済において同一の市場の同一時点における同一の商品は同一の価格である」が成り立つという経験則なんですが、インターネットによく当てはまります。
ランファランファ
すいません、難しいです……。
阿修羅ワークス阿修羅ワークス
平たく言うと、まったく同じ商品をネットショッピングで買うならどこで買うか? と考えてみて下さい。
ランファランファ
それはやっぱり価格が安くてサービスが良いところでしょうか。
阿修羅ワークス阿修羅ワークス
ですよね。自由に選べるのなら一番良いところで買う、と考えれば分かりやすいです。
話は戻って、インターネットではアクセスするコストがほとんど掛からないことを考えると、コンテンツの質というのは均質化していくものなんですよ。
ランファランファ
なるほどー。似たり寄ったりになっていくわけですね。
阿修羅ワークス阿修羅ワークス
そうです。しかし、検索エンジンとしては各ウェブサイトを広告媒体としてみなしているわけですから、その媒体の訴求力が均一である、というのは商売し辛いわけです。
どのページも似たり寄ったりで広告効果も同じ、ということであれば広告主はお金を払いませんよね。
ランファランファ
はい。だから唯一無二を好むんですね!
阿修羅ワークス阿修羅ワークス
正解です。
ネット的にも、文学的にも類似した文章が存在するのはなんの問題はないことです。優れた作品ほどコピーされるものだからです。好きなものには何度も好きと言うように、繰り返すことはごく自然なことで理にかなっています。
ところが、検索エンジンという土俵ではコピーはダメ、唯一無二のオンリーワンじゃないと評価しないよ、ということになるんですね。